結婚式のファッションには様々なルールがあるのは有名ですが、ドレスに合わせるアクセサリーにもマナーがあるのはご存知でしたか?出席する式の時間帯によっても好まれるアクセサリーが異なるので、しっかり予習をして、大切な人をお祝いしましょう!

およばれマナーの基本
結婚式のマナーの基本さえ知っていればアクセサリーを選ぶときも安心です♪

1.花嫁が身につけるものはNG

結婚式の主役は花嫁です。花嫁が身につける「生花」「ティアラ」のアクセサリーなどは避けましょう。

2.花嫁より目立ってしまうのはNG

華やかな場だからといって、主役より目立ってしまうのはNG。キラキラと光る派手なアクセサリーや、大きなコサージュなどは避けましょう。

3.不幸を連想させるものはNG

新郎新婦の幸せな門出に水を差すようなアイテムはNGです。ゆらゆら揺れるピアスなどのアクセサリーは「不安定」を連想させるので避けましょう。
BRIDAL GUEST|意外と知らない!?結婚式でのアクセサリーマナー
お昼のパーティ

日光にあたってキラキラと反射してしまうアクセサリーは好ましくありません。特に屋外のガーデンウェディングや、展望のよい高層階での披露宴などでは要注意。金属のネックレス、ジュエリーやゴールド系は避けるのがベターです。

おすすめは…「パールアクセサリー」

時間やシチュエーションに関わらず活躍してくれるのがパール。
挙式や披露宴に出席する場合には、フォーマルシーンにぴったりなあこや真珠のジュエリーがオススメです。
夜のパーティ

夜のパーティーでは、ぜひ華やかなアクセサリーを選んでパーティーに華を添えましょう。素材は本物のジュエリー、パールをはじめ、ラインストーンやクリスタルなども取り入れて。昼間とは異なりダイヤモンドやゴールドもOK。

おすすめは…「ジュエリーアクセサリー」

本物のジュエリーはサイズが小さくても存在感を放ちます。パーティードレスにカラーを合わせるなどして楽しんでみてはいかがでしょうか
 

ESTELLE(エステール)直営の公式オンラインストアです。