Loading...
ダイヤモンドの石言葉は、永遠の絆。その他の意味やカラーによる違いを解説
BLOOM  2024.07.02




ダイヤモンドの石言葉は、永遠の絆。その他の意味やカラーによる違いを解説




眩い輝きを放つダイヤモンド。
宝石と言えばダイヤモンドというイメージがある方が多いのではないでしょうか。
ジュエリーショップでもよく目にすることができるダイヤモンドジュエリー。
ダイヤモンドは誰もが知っていて、女性の永遠の憧れと言われています。
4月の誕生石としても有名なダイヤモンドですが、どんな意味が込められているかご存じでしょうか。
ダイヤモンドの石言葉のひとつに「永遠の絆」があります。
その意味から婚約指輪や結婚指輪に使われることが多いとされています。
宝石にはそれぞれ石言葉が込められています。
そして宝石の色によって意味が異なったり、歴史や由来があります。

この記事では、ダイヤモンドに込められた意味や石言葉、由来などをご紹介していきます。
ダイヤモンドの魅力を知り、ダイヤモンドジュエリーを身につける意味や、プレゼントを選ぶときの参考にしてみてください。

ダイヤモンドの石言葉とは?


鉱物の中で最も硬いとされるダイヤモンドは、石言葉に「永遠の絆」という言葉を持ちます。そのことから婚約指輪や結婚指輪にあしらわれることが多いダイヤモンド。ダイヤモンドには「永遠の絆」以外にも石言葉を持ちます。ここでは、ダイヤモンドが持つ石言葉についてご紹介していきます。

ダイヤモンドの石言葉①永遠の絆(変わらぬ愛)



眩い輝きを放ち、この世で最も硬いとされる特徴から「永遠の絆」や「変わらぬ愛」を象徴すると言われています。婚約指輪や結婚指輪でダイヤモンドを贈るということは「永遠の絆」を贈り、誓うという意味合いが含まれています。

ダイヤモンドの石言葉②純潔



ダイヤモンドには「純潔」という石言葉の意味も込められています。無色透明のダイヤモンドは、人と人との関わりを強めたり、心身を浄化し周囲にある邪気を払ってくれる力があるとされています。最大の幸福を呼び込むサポートをしてくれるとも言われています。

ダイヤモンドの石言葉②清浄無垢



その硬さと透明な輝きをもつダイヤモンドには、清らかで汚れのないという意味の「清浄無垢」という言葉も込められています。ストレスやネガティブな気持ちを浄化してくれて、健やかな心の状態を保つ効果があるとも言われています。

ダイヤモンドってどんな宝石?


「宝石の王様」と呼ばれるダイヤモンド。世界五大宝石のひとつ「ダイヤモンド」がもつ美しい輝きは、古くから人々を惹きつけ、愛されています。ダイヤモンドの原子は「炭素」です。単一の炭素原子のみで作られている宝石はダイヤモンドだけ。ダイヤモンドは特殊な構造をしていて、炭素原子同士が協力に結びついているために硬度がとても高くなっています。そのため鉱物の中で最も硬く傷つきにくいダイヤモンドは「永遠の愛」を象徴する宝石とされ、古くからお守りとして大切にされてきました。そして婚約指輪や結婚指輪などに”愛の証”として使われるダイヤモンド。フォーマルなシーンからカジュアルまで、様々な場面で身につけられるダイヤモンドジュエリーは、年代問わず親しまれています。ここではそんなダイヤモンドの魅力についてご紹介していきます。

ダイヤモンドの魅力や特徴



ダイヤモンドは「宝石の王様」と称され、宝石の中でも特に人気のある宝石です。その美しく上品に輝く姿はダイヤモンドのみがもつ魅力です。見る角度やカットによって見え方や輝き方が変わり、見る人を惹きつけます。そしてダイヤモンドは、鉱物の硬さを表す”モース硬度”で最も頑丈とされている「10」ランク。鉱物の中で最も硬く、美しく輝くダイヤモンドは、「永遠の愛」の象徴とされており、婚約指輪や結婚指輪に使われる宝石としてとても人気があります。ダイヤモンドはフォーマルなシーンはもちろん、普段使いでも楽しめるジュエリーが幅広く展開されています。シーンを問わず永く愛用することができるダイヤモンドジュエリーは、シーンや年齢を問わず人気があります。ご自身へのご褒美としてはもちろん、大切な人へのプレゼントとしてもおすすめです。

ダイヤモンドの歴史



ダイヤモンドが最初に発見されたのはインドと言われています。当時はあまりにも硬いダイヤモンドの原石を研磨する方法がなく、ダイヤモンドが美しい輝きを持っていることが知られていませんでした。ただあまりにも硬い石だったため、強い魔力がやどっているのではと考えられており、魔除けやお守りとして使われていました。のちに、ダイヤモンドをダイヤモンドで磨くという研磨方法が発明されてダイヤモンドの美しさが知れ渡ります。インドでしか発掘されないと思われていたダイヤモンドは当初「インド石」と名づけられていました。そして19世紀頃になるとアフリカの鉱山から複数発見され、産出量が一気に増えていき、世界中の人々が知ることになりました。需要と供給が安定し一般的にも流通していきました。

ダイヤモンドの由来



ダイヤモンドは、ギリシャ語で”無敵”や”服従しがたい”を意味する「Adamas(アダマス)」が名前の由来と言われています。そこから「A」を外し、「diamond(ダイヤモンド)」となったと言われています。自然界で最も硬い宝石のダイヤモンド。”何者にも服従されない”という意味が込められ、古くから魔除けやお守りとして重宝されていました。また、和名は「金剛石(こんごうせき)」と呼ばれています。金属の中でもっとも硬いという意味が込められています。

ダイヤモンドの産地



ダイヤモンドの原石は、地中の深くに眠っている岩石の中に含まれています。そのため、世界中どこでも発掘されるというものではありません。いくつかの地域のみで発掘されるダイヤモンドの原石。ここでは、主な産出国をご紹介していきます。
◆ロシア
最も多くのダイヤモンドを産出しています。ロシア産のダイヤモンドは高品質で大粒なものが多いのが特徴です。
◆アフリカ
ロシアの次に多く産出されるのが南アフリカです。もっとも早い時期にダイヤモンドを産出した国として注目されました。ボツワナやナミビア、コンゴ民主共和国など様々な国や地域で採掘が進められています。アフリカ産のダイヤモンドも高品質で大粒なものが多いのが特徴です。
◆カナダ
ノースウエスト準州やヌナブト準州などが主な産地です。カナダ産のダイヤモンドは構造が整った美しい原石が特徴的です。

カラーによってダイヤモンドは石言葉が違う?


無色透明のイメージのあるダイヤモンド。実は無色透明以外にも色の付いたダイヤモンドがあるのを知っていますか?無色以外のダイヤモンドを「カラーダイヤモンド」といい、現段階では全部で12種類あると言われています。透明であればあるほど価値のあるダイヤモンドですが、色味によってはそれ以上に希少性が高くなるカラーダイヤモンドもあります。ここではカラーダイヤモンドの中でも希少価値の高い人気のカラーダイヤモンドを、石言葉とともにご紹介します。

ピンクダイヤモンドの石言葉



完全無欠の愛・永遠の愛 など
鮮やかなピンク色が特徴のピンクダイヤモンドは、その色から深い愛情や純粋な愛を象徴します。完全無欠の愛を石言葉としてもつピンクダイヤモンドは永遠の愛を祝福するとも言われています。そのため婚約指輪や結婚指輪に用いられることも多く、永遠の愛を誓うお二人にぴったりの宝石です。なぜピンク色になるのかは諸説あり、原因が解明されておらず「奇跡の石」とも言われています。美しさと愛の象徴ともされており、愛のエネルギーを高めてくれるとも信じられています。

ブルーダイヤモンドの石言葉



絆を深める・永遠の幸せ・幸運を願う など
ブルーダイヤモンドは透き通った美しい青色が特徴です。青色にはリラックスさせてくれる効果があるとされており、心を落ち着かせたい人や魅力を引き出したい人におすすめの宝石です。また、色や質によってブルーダイヤモンドの中でも分類されます。そしてそれぞれに意味が込められています。
オーシャンブルーダイヤモンド:包容力
スカイブルーダイヤモンド:自由
アイスブルーダイヤモンド:永遠
ブルーダイヤモンドは結婚式の”サムシングブルー”のひとつとして婚約指輪や結婚指輪にあしらわれることが多い宝石です。

サムシングフォーとは:ヨーロッパに伝わる風習
サムシング・オールド Something old 何か古いもの 
サムシング・ニュー Something new 何か新しいもの 
サムシング・ボロードSomething borrowed 何か借りたもの 
サムシング・ブルー Something blue 何か青いもの 
 
という、結婚式に4つの言葉にちなんだアイテムを身につけると花嫁が幸せになれると言われています。

グリーンダイヤモンドの石言葉



再生・回復・やすらぎ など
緑色に美しく輝くグリーンダイヤモンドは「豊かさ」や「成功」を象徴します。物事を繫栄させる効果があるともされています。「再生」や「回復」などの石言葉から、身につける人に心の安らぎを与えてくれるでしょう。グリーンダイヤモンドは、世界的にも産出される数が少なくピンクやブルーと同じく希少価値が高い宝石です。

その他のカラーダイヤモンドの石言葉



ダイヤモンドが構成される時に不純物が入り込んだり、構成する物質が欠けたり圧力や温度の変化など、自然現象により色がつき、様々な色の輝きを放ちます。そしてそれぞれの色には石言葉が込められています。


レッドダイヤモンド:永遠の命



幻のダイヤと呼ばれるほど希少価値が高いレッドダイヤモンド。赤色は古くから”血”や”炎”などを連想するとされています。そのことから「永遠の命」という石言葉がつき、情熱的でエネルギーに溢れたイメージがついたとされます。


パープルダイヤモンド:華やかさ・愛情



レッドダイヤモンドと同じくらい希少性のあるパープルダイヤモンド。ピンクダイヤモンドと同じく、愛や美しさを象徴する宝石です。


オレンジダイヤモンド:心の調和



炎が燃え上がるような濃い色のオレンジダイヤモンドは情熱的な印象で、希少性が高い宝石です。オレンジ色が優しく輝き、心にやすらぎを与えてくれるでしょう。


イエローダイヤモンド:富・自身・神々しさ



イエローダイヤモンドは黄色味がかったダイヤモンド。うっすら黄色いものからひまわりのように真っ黄色なものまであります。自信を持ちたい人、富を得たいという人におすすめです。身につけると金運がアップするとも言われています。


ブラウンダイヤモンド:カリスマ性・威厳



優しいブラウンカラーが肌によく馴染んで、女性の魅力を引き出すアイテムとして人気があるブラウンダイヤモンド。ブラウンは大地の茶色ということから物事に動じない精神力で、ネガティブなエネルギーを跳ねのけるパワーがあると言われています。癒しの力もあるとされ、人間関係を円滑にしたい人や、大切な人との関係を維持したい人におすすめの宝石です。


ブラックダイヤモンド:不屈・誕生・征服



漆黒の輝きを放つブラックダイヤモンド。その見た目から古来より強いパワーが込められていると信じられてきました。身につけることで、心を強くし、勇気と勝利を勝ち取るためのサポートをしてくれると言われています。自信を持ちたい人や、目標を達成したい人におすすめの宝石です。


グレーダイヤモンド:あるがまま ・強さ



薄く黒みがかった色合いのグレーダイヤモンド。さりげない色味が特徴のグレーダイヤモンドは、強く主張をしない静かな宝石です。自分らしくいたい、精神的な強さが欲しい人にぴったりのダイヤモンドです。物事の判断を冷静に見る力を与えてくれて周りとの調和を助けてくれるでしょう。

伝説のホープダイヤモンドの石言葉



伝説のダイヤモンドと言われている「ホープダイヤモンド」。直訳すると「希望のダイヤモンド」ですが、「呪いの宝石」として有名です。現在アメリカのスミソニアン博物館の国立自然史博物館で眠っている45.5ctのブルーダイヤモンドです。このダイヤモンドは、持ち主を破滅に追い込み、また次の持ち主に行くという「呪われた宝石」で有名な伝説のダイヤモンド。9世紀頃にインドのコーラルという町の川で見つかり、フランスへ渡り、次々と様々な持ち主の手に渡ります。そのダイヤモンドを手にした持ち主は、亡くなったり破産したりと不幸になっていったと言われ、「災いをもたらすダイヤモンド」という伝説が生まれたそうです。

ダイヤモンドで永遠の愛を誓う


「永遠の絆」という石言葉のあるダイヤモンドは、婚約指輪や結婚指輪に多く使われます。ダイヤモンドの硬さや希少さから二人の愛の絆を象徴し指輪として贈られるようになりました。永遠に美しく輝くダイヤモンドは、二人の未来が愛と希望に満ちて輝くようにと願いが込められています。

ダイヤモンドは結婚60周年の記念石



結婚60周年は「ダイヤモンド婚式」です。生まれてから60年を還暦として区切るように、結婚生活も60周年がとても重要な節目となります。これまでの結婚生活を振り返るとともに、今後の健康や家族の繫栄を願うという意味も込めて家族と一緒にお祝いしましょう。結婚記念日を表す言葉は、結婚1周年は「紙婚式」、25周年は「銀婚式」、50周年は「金婚式」というように、段々と硬く高価になっていきます。これは年を重ねるごとに夫婦の絆も強くなっていくということを示しています。ダイヤモンドはもっとも硬いとされる宝石であることから、結婚60周年の節目の記念日に名づけられました。もちろんダイヤモンド婚式のプレゼントにはダイヤモンドのジュエリーの贈り物がおすすめです。60周年という大きな大切な節目にぴったりの華やかなプレゼントになるでしょう。

ダイヤモンドが婚約指輪や結婚指輪に選ばれる理由



先述でもご紹介したようにダイヤモンドは宝石の中でももっとも硬度が高い宝石。傷がつきにくく割れにくいことから「永遠の愛」を象徴する宝石と言われています。婚約指輪や結婚指輪として贈り、身につける事で永遠の絆を示すことができます。そして二人の絆をより深いものにしてくれるでしょう。

ダイヤモンドの価値は”4C”で決まる



これからの生涯を共に歩む二人の特別な贈り物の婚約指輪。婚約指輪を選ぶ際に後悔なく、満足のいくものを選びたいですよね。そこで、婚約指輪のダイヤモンドを選ぶ際にぜひ参考にしていただきたい「4C」についてご紹介します。

”4C”とは


ダイヤモンドの品質を評価する基準である4つの要素のことで、Carat(カラット)、Cut(カット)、Color(カラー)、Clarity(クラリティ)のそれぞれの頭文字を組み合わせ「4C」と呼びます。この4つの組み合わせがダイヤモンドの品質と価値を決めます。

◆ Carat(カラット:重さ)
宝石の重さを測るときに使われる重量単位のこと。1.0ctは0.2gです。重くなるほどダイヤモンドの直径が大きくなります。0.1ct増えるごとに直径は0.6〜0.8mmほど大きくなっていきます。婚約指輪で人気なのは0.2〜0.3ctですが、華やかで存在感のある指輪がいい人は「カラット」で選んでみましょう。

◆ Cut(カット:輝き)
ダイヤモンドの美しい輝きや煌めきのこと。
Excellent(最上級)、Very Good(理想的)、Good(良好)、Fair(やや劣る)、Poor(劣る)の5段階。カットグレードのPolish(研磨)とSymmetry(対称性)もExcellentのものを3Excellent(トリプルエクセレント)と呼び、
最上級グレードとされています。婚約指輪や結婚記念日など大切な記念品にはExcellentがおすすめです。輝きが欲しい人は「カット」に注目してみてください。

◆ Color(カラー:色)
ダイヤモンド自体の地色のこと。天然のダイヤモンドはわずかな黄色や茶色を帯びているものがほとんど。無色に近いほど、上品な印象になります。カラーの評価はD~Zまでのアルファベットで表します。D~F:無色、G~L:ほぼ無色、K~M:わずかな黄色、N~R:非常に薄い黄色、~Z:薄い黄色の5段階に分けられます。婚約指輪には「G」~以上がおすすめです。洗練された上品な無色のダイヤモンドがいい人はカラーに注目して選びましょう。

◆ Clarity(クラリティ:透明度)
ダイヤモンドに含まれるインクルージョン(内包物)やブレミッシュ(疵)の少なさを表します。クラリティは、FL/IF:内部無欠点、VVS1/VVS2:ごくごくわずかな内包物、VS1/VS2:ごくわずかな内包物、SI1/SI2:わずかな内包物、I1~I3:顕著な内包物の5段階です。婚約指輪としての十分な透明感があるのはVS2以上がおすすめ。婚約指輪で透明感溢れるダイヤモンドを選びたい人は、クラリティを重視して選んでみてください。

グレードが高いものほど良いものになります、その分高価になっていきます。予算内で理想のダイヤモンドを手に入れるには、何を重視するかバランスを考えることが大切になります。こだわりたい部分を決め、理想の婚約指輪を選べると良いですね。

【BLOOM】おすすめのダイヤモンドアイテム


女性の永遠の憧れと言われている「ダイヤモンド」。ダイヤモンドの輝きは上品さもあり、とても魅力的ですよね。自分へのご褒美にはもちろん、大切な人へのプレゼントにおすすめです。ダイヤモンドは、ネックレスやリング、ピアスやブレスレットなど幅広いアイテムが展開されています。ここではBLOOMおすすめのダイヤモンドジュエリーをご紹介していきます。

大切な人へのプレゼントにダイヤモンドジュエリーを



大切な人へのプレゼントにダイヤモンドジュエリーはいかがでしょうか。「永遠の絆」などこれからの二人の愛の象徴として婚約指輪や結婚指輪にダイヤモンドを選ぶ人が多いです。宝石の中で最も硬いダイヤモンドは、いつまでも変わらぬ愛を示すのにぴったりの宝石です。

年齢問わず身につけられるシンプルなデザイン



ダイヤモンドの1粒ネックレスは不動の人気ジュエリー。1粒ジュエリーのようなシンプルなデザインは年齢問わず永く愛用することができます。フォーマルなシーンからカジュアルコーディネートまで、幅広いシーンで使えるので、自分へのご褒美はもちろん、プレゼントにもおすすめです。ネックレスに合わせて1粒ピアスを合わせるコーディネートも良いですね。ダイヤモンドは、ゴールドとの相性も良く、シーンに合わせてシンプルに身につけたり、レイヤードスタイルを楽しんだりと様々な楽しみ方をすることができます。プラチナと合わせるとダイヤモンドの輝きがさらに増し、永く愛用するジュエリーとしておすすめです。

ダイヤモンドのお手入れや取り扱い方法


美しい輝きを放つダイヤモンドは、身につけるだけで気分も上がりますよね。その輝きを保つためには日々のお手入れが大切になります。宝石によって取り扱い方法が異なりますので適切なお手入れ方法や取り扱い方法を確認しましょう。

日々のお手入れは汚れを優しく拭き取ること



身につけた後は柔らかい布で汚れを優しく拭き取ることが大切です。夏の暑い時期や汗を多くかくとどうしても皮脂や汗が宝石についてしまいます。特に汚れが気になる場合は、中性洗剤をぬるま湯に入れ、やわらかいブラシで優しく汚れを洗い流します。そのあと水でしっかりとすすぎ洗剤が残らないようにして、水気をしっかりとふき取りましょう。

保存するときは他のジュエリーと触れ合わないようにする



ダイヤモンドは宝石の中で最も硬いので、保存する時は、他のジュエリーと触れ合わないように気を付けましょう。他の宝石にぶつかった時に、傷をつけてしまう可能性があるので分けて保管します。

まとめ


硬度が高く、高貴な美しさを兼ね備えたダイヤモンドは、まさに宝石の王様。今回は、誰もが憧れる人気のダイヤモンドの魅力をご紹介しました。歴史や込められた意味を知り、さらに新たな魅力が見えたでしょうか。ダイヤモンドをすでに持っている方や、これから自分へのご褒美や大切な人へのプレゼントを考えている方もダイヤモンドの魅力についてさらに理解を深め、ジュエリー選びを楽しんでみてください。
 

ESTELLE(エステール)直営の公式オンラインストアです。