Loading...
BLOOM  2024.06.11




4月の誕生石はダイヤモンドとモルガナイト。宝石の持つ意味や特徴をご紹介




女性の永遠の憧れと言われている「ダイヤモンド」。
ダイヤモンドジュエリーに憧れたり、持っている人も多いのではないでしょうか。

ダイヤモンドは4月の誕生石に選ばれています。
”誕生石”とは、1月から12月までのそれぞれの月に割り当てられている宝石のことをいいます。
身につけると幸せが訪れると言われている誕生石。
一度は自分の誕生石を調べたことがあるという方も多いかと思います。
月によっては複数の誕生石が割り当てられていることがあります。
4月の誕生石は「ダイヤモンド」の他に「モルガナイト」という宝石の2つになります。
「モルガナイト」は、2021年12月の誕生石の改訂で新しく追加された誕生石になります。
キラキラと人々を魅了する輝きを持つダイヤモンド、淡い色味が愛らしいモルガナイト。
それぞれに込められた意味や宝石言葉などを詳しく解説していきます。

ご自身のお守りジュエリーとして、大切な人へのプレゼントを探している方など、
ぜひこの記事を参考にしてみてください。

4月の誕生石は2つある


4月の誕生石はもともと「ダイヤモンド」のみで古くから愛されていました。そして2021年12月に63年ぶりに日本の誕生石が改訂されて、「モルガナイト」が4月の誕生石に仲間入りしました。今回は4月の誕生石「ダイヤモンド」「モルガナイト」の魅力や特徴についてご紹介していきます。

〈4月の誕生石〉①ダイヤモンドとは


「宝石の王様」と呼ばれるダイヤモンド。ダイヤモンドがもつ美しい輝きは、古くから人々を惹きつけ、愛されてきました。ダイヤモンドの原子は「炭素」です。単一の炭素原子のみで作られている宝石はダイヤモンドだけです。ダイヤモンドは特殊な構造をしており、炭素原子同士が協力に結びついているために硬度がとても高くなっています。鉱物の中で最も硬く傷つきにくいダイヤモンドは「永遠の愛」を象徴する宝石とされ、お守りとしても大切にされてきました。婚約指輪や結婚指輪などに愛の証として使われるダイヤモンド。フォーマルなシーンからカジュアルまで、様々な場面でコーディネートを盛り上げるダイヤモンドジュエリーは、年代問わず親しまれています。そんなダイヤモンドについて魅力や宝石言葉についてご紹介していきます。

ダイヤモンドの魅力や特徴



ダイヤモンドは「宝石の王様」と称され、宝石の中でも特に人気のある宝石です。他にはないその美しく上品な輝きはダイヤモンドのみがもつ魅力です。見る角度やカットによって見え方や輝き方が変わり、幾度となく見る人を惹きつけます。そしてダイヤモンドは、鉱物の硬さを表すモース硬度で「10」という最も頑丈とされているランクにあります。鉱物の中で最も硬く美しく輝くダイヤモンドは、「永遠の愛」の象徴とされており、婚約指輪に使われる宝石としてとても人気があります。ダイヤモンドはフォーマルなシーンはもちろん、普段使いでも楽しめるジュエリーが幅広く展開されています。シーンを問わず永く愛用することができるダイヤモンドジュエリーは、年齢問わず人気があります。ご自身へのご褒美としてはもちろん、大切な人へのプレゼントとしてもおすすめです。

ダイヤモンドの歴史



ダイヤモンドが最初に発見されたのはインドと言われています。当時はあまりにも硬いダイヤモンドの原石を研磨する方法がなく美しい輝きを持つことを知られていませんでした。ただあまりにも硬い石だったため、強い魔力がやどっているのではと考えられており、魔除けやお守りとして使われていました。その後ダイヤモンドをダイヤモンドで磨くという研磨方法が発明されてダイヤモンドの美しさが広く知れ渡っていきます。インドでしか発掘されないと思われていたダイヤモンドは当初「インド石」と呼ばれていました。19世紀頃になるとアフリカの鉱山から複数発見され、産出量が一気に増えていき、世界中の人々が知ることになりました。需要と供給が安定し一般的にも流通していきました。

ダイヤモンドの産地



ダイヤモンドの原石は、地中の深くに眠っている岩石の中に含まれています。そのため、世界中どこでも発掘されるというものではありません。いくつかの地域のみで発掘されるダイヤモンドの原石。主な産出国をご紹介していきます。
◆ロシア
最も多くのダイヤモンドを産出しています。ロシア産のダイヤモンドは高品質で大粒なものが多いのが特徴的です。
◆アフリカ
ロシアの次に多く産出されるのが南アフリカです。もっとも早い時期にダイヤモンドを産出した国として注目されました。ボツワナやナミビア、コンゴ民主共和国など様々な国や地域で採掘が進められています。アフリカ産のダイヤモンドも高品質で大粒なものが多いのが特徴です。
◆カナダ
ノースウエスト準州やヌナブト準州などが主な産地です。カナダ産のダイヤモンドは構造が整った美しい原石が特徴的です。

ダイヤモンドの由来



ダイヤモンドの名前は、ギリシャ語で”無敵”や”服従しがたい”を意味する「Adamas(アダマス)」が由来と言われています。そこから「A」を外し、「diamond(ダイヤモンド)」となったと言われています。自然界で最も硬い宝石のダイヤモンド。何者にも服従されないという意味が込められたダイヤモンドは古くから魔除けやお守りとして重宝されていました。また、和名は「金剛石(こんごうせき)」と呼ばれています。金属の中でもっとも硬いという意味が込められています。

ダイヤモンドの宝石言葉



純潔・清浄無垢・純愛・永遠の絆・変わらぬ愛 など
「永遠の絆」という意味が込められていることから婚約指輪や結婚指輪に使われることが多いダイヤモンド。ダイヤモンドは鉱物の中でもっとも硬く、傷つけることができない存在ということから永遠に変わらないもの、壊れにくく永遠に続くというイメージがあります。そのことから「変わらぬ愛」など永遠を誓う意味が込められています。そして永遠の愛を誓うため、婚約指輪としてダイヤモンドを贈るという習慣ができたと言われています。また、ダイヤモンドは無色透明ということから「純真無垢」という意味もついています。

4月の誕生石「ダイヤモンド」には色々な種類がある!


無色透明のイメージのあるダイヤモンド。実は無色透明以外にも色の付いたダイヤモンドがあるのはご存じでしょうか。無色以外のダイヤモンドを「カラーダイヤモンド」といい、現段階では全部で12種類あります。透明であるほど価値のあるダイヤモンドですが、色味によってはそれ以上に希少性が高くなるカラーダイヤモンドもあります。ここではカラーダイヤモンドの中でも希少価値の高く人気のカラーダイヤモンドをご紹介します。

ピンクダイヤモンド



カラーダイヤモンドの中でも一番人気があるピンクダイヤモンド。ピンク色になる原因は諸説あり、なぜピンク色になるのかは解明されておらず「奇跡の石」とも言われています。また、「完全な愛」という意味が込められており、婚約指輪などに用いられます。永遠の愛を誓うお二人にぴったりの宝石です。強く美しく輝く姿は、目にした人や身につける人を幸福にしてくれるでしょう。ピンクダイヤモンドを約90%産出していたオーストラリアのアーガイル鉱山が閉山してしまいました。アーガイル鉱山以外にもロシアなどに産地はあるものの、同等のクオリティや産出量がある鉱山が見つかっていないため、数年前からピンクダイヤモンドの価値は上昇し、今後も希少性が高まってくると言われています。

ブルーダイヤモンド



ピンクダイヤモンドと同じく希少なブルーダイヤモンド。透き通った美しい青色が特徴的です。ブルーダイヤモンドの中でも色や質によって「オーシャンブルーダイヤモンド」「スカイブルーダイヤモンド」「アイスブルーダイヤモンド」に分類されます。青色が濃く鮮やかな石ほど希少性が高くなっていきます。炭素のみで作られているダイヤモンドにホウ素が混ざるとブルーダイヤモンドとなります。ホウ素はダイヤモンドが採掘される地層よりも浅い部分にあるため青色になるダイヤモンドは産出量が少なくなります。主な産地は南アフリカのカリナン鉱山。その他にネバダ州のターコイズ鉱山やブラジルなどでも産出された例がありますが、非常に少量です。ブルーダイヤモンドは幸せを招く宝石とされており、ブライダルリングとして人気があります。「絆を深める」「幸運を願う」「永遠の幸せ」など今後の二人の幸せを願う言葉が込められています。ヨーロッパに伝わる「サムシングフォー(Something Four)」のうちのひとつの「サムシングブルー(Something blue)」でブルーダイヤモンドが選ばれることもあります。密かにつけるのがいいとされており、婚約指輪や結婚指輪にセッティングすることもあります。
サムシングフォーとは:ヨーロッパに伝わる風習
サムシング・オールド Something old 何か古いもの 
サムシング・ニュー Something new 何か新しいもの 
サムシング・ボロードSomething borrowed 何か借りたもの 
サムシング・ブルー Something blue 何か青いもの 
 
という、結婚式に4つの言葉にちなんだアイテムを身につけると花嫁が幸せになれると言われています。

グリーンダイヤモンド



緑色に輝くグリーンダイヤモンド。世界的にも産出される数が少なくピンクやブルーと同じく希少価値が高いとされています。地中で何億年もの間、微量の放射線を浴び続けることによって構造の欠陥や希少な元素の影響によりグリーンダイヤモンドは誕生します。放射線の量や種類により元石の内部構造が微妙に変化していき、ひとつひとつの色合いが異なってきます。この世にふたつとない色のグリーンダイヤモンドはとても魅力的です。「再生」「回復」「安らぎ」などの宝石言葉が込められており、身につける人に心の安らぎを与えてくれると言われています。

その他のカラーダイヤモンド



ご紹介したピンクやブルー、グリーン以外に、「レッド」「パープル」「バイオレット」「オレンジ」「イエロー」「ブラウン」「ブラック」「グレー」「ホワイト」とそれぞれ個性的なカラーバリエーションがあります。カラーダイヤモンドは、ダイヤモンドが構成される時に不純物が入り込んだり、構成する物質が欠けたり圧力や温度の変化等、自然現象により色がつき、様々な色の輝きを放ちます。

伝説のホープダイヤモンド



「ホープダイヤモンド」という伝説のダイヤモンド。現在アメリカのスミソニアン博物館の国立自然史博物館で眠っている45.5ctのブルーダイヤモンドです。このダイヤモンドは、持ち主を破滅に追い込み、また次の持ち主に行くという「呪われた宝石」で有名の伝説の宝石です。9世紀頃にインドのコーラルという町の川で見つかり、フランスへ渡ります。そして次々と様々な持ち主の手に渡ります。そのダイヤモンドを手にした持ち主は、亡くなったり破産したりと不幸になっていったと言われ、「災いをもたらすダイヤモンド」という伝説が生まれたそうです。

【BLOOM】おすすめのダイヤモンドアイテム


女性の永遠の憧れ「ダイヤモンドジュエリー」。ダイヤモンドの輝きは上品さもあり、とても魅力的です。自分へのご褒美にはもちろん、大切な人へのプレゼントにおすすめです。ダイヤモンドは、ネックレスやリング、ピアスやブレスレットなど幅広いアイテムが展開されています。ここではBLOOMおすすめのダイヤモンドジュエリーをご紹介していきます。

ダイヤモンドジュエリーは大切な人へのプレゼントにおすすめ



大切な人へのプレゼントにおすすめなダイヤモンドジュエリー。「永遠の絆」などこれからの二人の愛の象徴として婚約指輪にダイヤモンドを選ぶ人が多いです。宝石の中で最も硬いダイヤモンドは、いつまでも変わらぬ愛を示すのにぴったりの宝石です。

シンプルなデザインは年齢問わず身につけられるのでおすすめ



ダイヤモンドの1粒ネックレスは不動の人気ジュエリーです。シンプルなデザインは年齢問わず永く愛用することができます。フォーマルなシーンからカジュアルコーディネートまで、幅広いシーンで使えるので、自分へのご褒美はもちろん、プレゼントにもおすすめです。1粒ネックレスに合わせて1粒ピアスを合わせるコーディネートも良いですね。ダイヤモンドは、ゴールドとの相性も良く、シーンに合わせてシンプルに身につけたり、レイヤードスタイルを楽しんだりと様々な楽しみ方をすることができます。

4月の誕生石「ダイヤモンド」のお手入れや取り扱い方法


美しい輝きを放つダイヤモンド。身につけるだけで気分も上がりますよね。その輝きを保つためには日々のお手入れが大切になります。宝石によって取り扱い方法が異なりますので適切なお手入れ方法や取り扱い方法を確認しましょう。

日々のお手入れは汚れを優しく拭き取ること



日々のお手入れとしては、身につけた後は柔らかい布で汚れを優しく拭き取ることです。夏の暑い時期や汗を多くかくと皮脂や汗がついてしまいます。特に汚れが気になる場合は、中性洗剤をぬるま湯に入れ、やわらかいブラシで優しく汚れを洗い流します。そのあと水でしっかりとすすぎ洗剤が残らないようにして、水気をしっかりとふき取りましょう。

保存するときは他のジュエリーと触れ合わないようにする



ダイヤモンドジュエリーを保存する時は、他のジュエリーと触れ合わないように気を付けましょう。ダイヤモンドは宝石の中で最も硬いので、他の宝石にぶつかった時に、傷をつけてしまう可能性があります。

〈4月の誕生石〉②モルガナイトとは


淡く可憐なピンク色をしたモルガナイトは、愛を象徴した宝石です。2021年に4月の誕生石として新たに追加され注目を集めました。名前の由来となったモルガン氏が4月生まれだったことと、柔らかでやさしいピンク色が桜のように見えることから4月の誕生石に仲間入りしました。愛や癒しのパワーを持つとされているモルガナイトは、持ち主を愛情で包み込んでくれると言われています。また、恋愛成就にも効果があるとされ、愛を引き寄せてくれるとか。そんな愛情たっぷりの宝石「モルガナイト」の魅力についてご紹介していきます。

モルガナイトの魅力や特徴



モルガナイトは、エメラルドやアクアマリンと同じ”ベリル”という鉱物でできています。緑色のベリルは「エメラルド」、水色のベリルは「アクアマリン」になります。そのうちのピンク~オレンジピンク色のものをモルガナイトと言います。「モルガナイト」と名前がつく前までは別名「ピンク・ベリル」とも呼ばれていました。モルガナイトの色は微量の”マンガン”によってピンク色に発色しています。”マンガン”の含有量によって色味に違いが出てきます。淡い色のパステルピンクやオレンジの入ったサーモンピンク、紫がかったラベンダーピンクなど、色味の幅が広いピンクを持っているモルガナイト。お好みの色を選べるのも魅力的です。モルガナイトは産出量が少ないため、ものによっては高価格で取引されます。色が濃くインクルージョンが少ない透明感があるものは希少価値が高くなります。淡い色のものは手頃な価格で手に入れることができます。モルガナイトの品質価値は、ダイヤモンドのように、カラー・クラリティ・カット・カラットで決まるとされています。

モルガナイトの歴史



モルガナイトが発見されたのは、1910年にマダガスカルの沖合にある島とされています。そこでピンク色をしたベリル(モルガン石)が発見されました。「モルガナイト」と名前がつく前までは「ピンクベリル」と呼ばれていました。ティファニー社のジョージ・フレデリック・クンツ博士によって命名され「モルガナイト」という宝石が誕生しました。そして、名前の由来となったモルガン氏が4月生まれだったことと、柔らかでやさしいピンク色が桜のように見えることから4月の誕生石として新たに追加されました。

モルガナイトの由来



モルガナイトが発見された同時期に、ティファニー社のジョージ・フレデリック・クンツ博士が様々な鑑定を行っており、新しい性質を発見していました。そして同年の12月に長年の友人である実業家ジョン・ピアポント・モルガン氏に敬意を込めてピンク色のベリルに「モルガナイト」という名前をつけることを提案しました。ジョン・ピアポント・モルガン氏は世界最大級の宝石クリエイターであり、ティファニー社の重要顧客だったと言われています。そしてその後正式に承認され、「モルガナイト」が誕生しました。和名は緑柱石(りょくちゅうせき)。

モルガナイトの産地



モルガナイトの主な産地は、ブラジル、マダガスカル、アメリカなどです。中でも最大の産地はブラジルのミナスジェライス州のペグマタイト鉱山と言われています。モルガナイトの他にも、トルマリン、クォーツ、ベリル系、アメジストなどの宝石が採掘されます。また、マダガスカルで産出されるモルガナイトは品質がいいと評判です。赤紫色が強い結晶が採掘されることもあり、世界中で注目を浴びています。

モルガナイトの宝石言葉



愛情・優美・優しさ など
モルガナイトの宝石言葉は、その淡くて優しいピンク色から連想された言葉が多く、「愛」のパワーをもつ宝石とされています。自分自身を愛し、目の前の愛に気づかせてくれるでしょう。過去の傷や悲しみを癒して、前向きに過ごせるように背中を押してくれるとされています。大切な人との愛情を深める効果があるとされています。

4月の誕生石「モルガナイト」が持つパワー


モルガナイトは、優しい淡いピンクが特徴的。その見た目から愛情や癒しのパワーを持つとされています。また、仕事や学業をいい方向へサポートしてくれるパワーも持っており、4月の新生活を始める時期の誕生石としてぴったりの宝石です。そんなモルガナイトの愛や癒しのパワーについてご紹介していきます。

モルガナイトは「愛」の力を持つ



モルガナイトは、愛情を豊かにしてくれて、大切な人との愛情や絆を深めてくれると言われています。精神を安定させてくれて、思いやりや優しさを身につけることができるでしょう。また、優しいピンク色は、愛情を示す色とされているため、愛を引き寄せ、育み、絆を深めてくれます。恋愛成就のお守りとしても人気がある宝石です。

モルガナイトはストレスを緩和させてくれる



疲れた心を癒してくれるヒーリング効果もあると言われています。癒しの力があるので日々のストレスを緩和させてくれる効果があるともされています。持ち主の心に落ち着きを与えてくれて、辛さや悲しさを癒してくれるでしょう。最近ネガティブな気持ちが晴れないな…と感じる方におすすめの宝石です。

4月の誕生石「モルガナイト」と相性のいい宝石


パワーストーンは他の石と組み合わせることで、よりパワーを感じることができます。愛情と癒しのパワーを持つモルガナイトは他の石と組み合わせることで恋愛や幸せに効果を発揮してくれます。ここではモルガナイトと相性のいい石とその効果についてご紹介していきます。

モルガナイト × アクアマリン



◆恋愛・結婚のお守りとして◆
モルガナイトの優しいピンク色とアクアマリンのさわやかな水色の組み合わせは愛らしく癒される色合いです。同じ鉱物の”ベリル”系の石であるモルガナイトとアクアマリンの組み合わせはとてもおすすめです。縁結びの運気をあげてくれると言われており、恋愛成就のお守りにぴったり。アクアマリンは結婚の石ともされるので、家族の絆を深めたい人や、幸せな結婚生活を送りたい人におすすめ。

モルガナイト × ローズクォーツ



◆恋愛成就のお守りとして◆
どちらも淡いピンク色で愛らしい印象に。モルガナイトとローズクォーツの組み合わせは穏やかな恋愛をサポートしてくれるとされています。どちらも愛情を象徴する宝石で人気の組み合わせです。持ち主の魅力を引き出してくれて幸せを引き寄せてくれます。優しさと癒しを与えてくれて、一緒にいて安心できるような相手と出会わせてくれるでしょう。

モルガナイト ×ムーンストーン



◆女性らしさをサポート◆
淡いピンク色と優しいホワイトの色は癒しを与えてくれる組み合わせ。モルガナイトとムーンストーンの組み合わせは、女性らしさをサポートしてくれるとされています。感情を落ち着かせてくれて、穏やかな心を与えてくれるでしょう。心身ともに女性らしい優しさや美しさをもたらしてくれるとか。母のように寛大で優しく思いやりのある心を育むことができるでしょう。恋愛成就にも効果があるので、身につけることで幸せな恋愛や結婚相手を引き寄せてくれるかもしれません。

【BLOOM】おすすめのモルガナイトアイテム


愛らしい色味のモルガナイト。肌に馴染みやすいその色は上品さの中に愛らしさも感じさせてくれるでしょう。主張しすぎない落ち着いた優しいピンクのモルガナイトは、ネックレスやピアスなどさりげなく身につけることができます。4月が誕生日の人へのプレゼントや、恋愛成就のお守りとしておすすめです。

4月の誕生石「モルガナイト」のお手入れや取り扱い方法


モース硬度が7.5~8あるモルガナイトは、日常的にジュエリーとして身につけるには問題のない宝石です。ただしあまりにも強い衝撃には耐えることができないので扱いには気を付けましょう。淡くて優しい色合いを保つために日々のお手入れをおすすめします。

身につけた後は、柔らかい布で優しく汚れをふき取る



ジュエリーは身につけると汗や皮脂が付着します。日々のお手入れとして身につけた後は柔らかい布で優しく汚れをふき取りましょう。特に汚れが気になる場合は、ぬるま湯に石けんをとかし洗浄します。よくすすぎしっかりと水分をふき取りましょう。

他の宝石を傷つけないように分けて保管する



紫外線に弱いので、保管するときには直射日光が当たらない場所で保管をしてください。また、他の宝石を傷つける場合があるので、保管する際は分けて保管します。

まとめ


今回は4月の誕生石2つについてご紹介しました。誰もが憧れるダイヤモンド、淡く優しく輝くモルガナイト。どちらも愛情をもたらしてくれる宝石です。ご自身へのご褒美ジュエリーとしても、大切な人へのプレゼントにいかがでしょうか。想いや気持ちを込めてお気に入りのジュエリーを探してみてください。
 

ESTELLE(エステール)直営の公式オンラインストアです。