Loading...
8月の誕生石:ペリドット、サードニクス、スピネル。宝石言葉やそれぞれの特徴をご紹介
BLOOM  2024.05.14




8月の誕生石:ペリドット、サードニクス、スピネル。宝石言葉やそれぞれの特徴をご紹介




1月から12月までそれぞれの月に割り当てられている宝石を誕生石といいます。
一度は自分の誕生月の誕生石を調べたことはあるのではないでしょうか。
月によっては複数の誕生石が割り当てられていることがあります。
8月の誕生石はもともと「ペリドット」と「サードニクス」の2つでしたが、
2021年12月に「スピネル」が新たに追加され、3つとなりました。

今回は3つの誕生石についてご紹介します。
誕生石として、3つのうちでどれを選べばいいのか迷うかもしれません。
それぞれに意味が込められており、特徴があります。
8月が誕生月でない人からも人気があるペリドットや、縞模様が鮮やかなサードニクス、そして色彩豊かなスピネルについて解説していきます。
8月が誕生月の方や8月生まれの方へプレゼントを探している方など、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

8月の誕生石は3つ存在する


8月の誕生石はもともと「ペリドット」と「サードニクス」の2つあり、古くから世界中で親しまれてきました。そして、63年ぶりに日本の誕生石が改訂され、2021年に「スピネル」が8月の誕生石に仲間入りしました。今回は8月の誕生石「ペリドット」「サードニクス」「スピネル」の魅力や特徴についてご紹介していきます。

▶ペリドット
▶サードニクス
▶スピネル

〈8月の誕生石〉①ペリドットとは


8月の誕生石として知られているペリドット。新緑のようなさわやかな輝きが魅力的です。古くから太陽の石と称されており、力強いエネルギーがあると知られています。また「夫婦愛」など”愛”に関する宝石言葉を持っているため愛を象徴する宝石です。オリーブグリーンと呼ばれる輝きをもつペリドット。トルマリンやトパーズなどは様々なカラーバリエーションがありますが、ペリドットは明るいグリーンだけです。ペリドットの特徴や宝石言葉について詳しくご紹介します。

ペリドットの魅力や特徴



新緑のようなさわやかな輝きのペリドット。ペリドットは「複屈折」という特性を持っています。1本の光が空気と宝石の間で屈折するときに、2本に分離する現象です。ペリドットはこの特性をもっているため、透明感のある美しい輝きを放つことができるのです。夏の太陽のような強い輝きは8月の誕生石としてぴったりですね。ペリドットは橄欖石(かんらんせき)の一種で、その中でも透明度が高いグリーンのものだけになります。

ペリドットの歴史・由来



ペリドットの歴史は古代エジプトからと言われています。暗闇を照らしてくれる「太陽の石」として信じられていたとか。ペリドットは紀元前2世紀頃に、司祭が宝飾品として身につけられ、中性ヨーロッパでは協会などで使われるようになりました。「ペリドット」という名前は、諸説ありますが、昔エジプトで大量に採掘されていたことからアラビア語で「faridat」という「宝石」を意味する語源が由来となっているといわれています。和名は橄欖石(かんらんせき)といいます。「橄欖(かんらん)」というのは、オリーブに似た果実でその実の色に似ていることから呼ばれるようになったそうです。鉱物名もオリーブからの由来で「オリビン」といいます。

ペリドットの宝石言葉



夫婦愛・幸福・希望 など
さわやかで優しい輝きをもつペリドット。自然の色でもある緑色は、見る人の心を穏やかにしてくれるパワーがあります。ペリドットのさわやかな輝きは、ポジティブな気持ちを呼び起こしてくれます。また愛を象徴する宝石でもあるペリドットは夫婦やカップルにおすすめです。

8月の誕生石「ペリドット」は愛を象徴する宝石


太陽のように明るくポジティブな輝きを放つペリドットは暑い夏の8月の誕生石にぴったり。愛を象徴する意味が込められており人気があります。

ペリドットは「夫婦愛」が宝石言葉



「夫婦愛」が宝石言葉のペリドット。癒しのオリーブグリーンをもつペリドットには「癒し」や「安心」、「平和」など優しさのある愛を象徴とした意味が込められています。持ち主の気持ちを穏やかにしてくれるので人間関係も円滑にしてくれて良好な関係を保ってくれるとも言われています。そのため、記念日などにペリドットが施されたジュエリーをプレゼントして夫婦やカップルの絆を深めたい人におすすめの宝石です。

ペリドットは結婚2周年の結婚記念石



日本では、結婚2周年の記念石とされております。ペリドットのジュエリーは大切な人への贈り物としても人気が高い宝石。記念日にペリドットのジュエリーを贈る夫婦も多くいます。これからの二人の希望ある未来に、愛がたくさんの家庭と願いを込めてジュエリーを贈ってみてはいかがでしょう。

8月の誕生石「ペリドット」には別名がある?!


ハワイでは別名「女神の涙」と呼ばれているペリドット。「女神」とは、情熱的で嫉妬心の強い火の女神「ペレ」のこと。そしてハワイでは、火山の噴火は神の御業と信じられています。ペレの嫉妬心から火山が噴火しマグマが地上に吹き出し、冷え固まった岩石の中からペリドットが発見されました。そのためペリドットは「女神(ペレ)の涙」と呼ばれるようになりました。また身につけると魔除けの力もあると信じられています。ほかにも「太陽の石」や「夜のエメラルド」と様々な呼び名があるペリドット。今回は2つご紹介します。

ペリドットが「太陽の石」と呼ばれる理由



古代エジプトではペリドットは、暗闇を照らしてくれる「太陽の石」として信じられていたとか。それは、「複屈折」の性質を持つために、暗い場所でも明るい輝きを放つからだそうです。古代エジプトでは、復活や再生を意味する象徴として太陽を信仰していました。昔はペリドットの明るい輝きを太陽に見立てていたことから「太陽の石」と言われていたそうです。

ペリドットが「夜のエメラルド」と呼ばれる理由



ローマでは「夜のエメラルド」(または「イブニングエメラルド」)と呼ばれています。ペリドットは光のない暗闇や、暗闇でのライト下でも美しく輝きを放つためそのように呼ばれています。これは先ほどにもご紹介しましたペリドットがもつ「複屈折」という性質をもっているためです。

8月の誕生石「ペリドット」のお手入れや取り扱い方法


透明感のある美しい輝きを放つペリドット。その輝きを保つために日々のお手入れは大切です。宝石によって取り扱い方法が異なりますので適切なお手入れ方法や取り扱い方法を確認しておきましょう。

汚れは柔らかい布で優しく拭き取る



普段身につけた後のお手入れは、汚れや皮脂などがついている場合があるので、柔らかい布で優しくふき取ります。汚れが特に気になるときは、ぬるま湯に中性洗剤を溶かし、柔らかいブラシで優しくこすって汚れを落としてください。汚れを落とした後はよくすすぎ、優しく水分をふき取り自然乾燥します。

ダイヤモンドやルビーに比べると硬度は低い



日常的に身につけていても大丈夫なほど十分な硬度と強度はあります。ですが、ダイヤモンドやルビーに比べると傷つきやすいのでぶつけたり落としたりしないように気を付けて身につけ楽しみましょう。

〈8月の誕生石〉②サードニクスとは


ペリドットと同じく8月の誕生石として知られている「サードニクス」。夏の照りつける太陽をイメージしたような赤色をしています。サードニクスは石英(クオーツ)の結晶が集まってできた”めのう”の一種です。彫刻や食器などを彩る宝飾品の素材として古くから重宝されてきた宝石です。ひとつとして同じ模様のないサードニクス、自分だけのお気に入りを見つけお守りとして身につけてみてはいかがでしょう。そんなサードニクスの魅力などについてご紹介していきます。

サードニクスの魅力や特徴



サードニクスは、赤褐色の地色に白い縞模様が特徴的です。石英(クオーツ)の結晶が集まってできたアゲート(めのう)の一種で、「サードニクスアゲート」とも言われます。石英(クオーツ)の変種であるカルセドニーに属し、カルセドニーの中で縞模様が顕著なものを”めのう”といいます。また縞模様が平行になっているものは”オニキス”、赤色や紅色に白色で縞模様が描かれているものを”サードニクス”といいます。この縞模様は自然にできているため個体ごとに異なります。ひとつとして同じものはありません。縞模様が鮮やかで発色がいいものは希少性が高く価値が高くなります。個性的な印象を受けますが、存在感があり、カジュアルからフォーマルなシーンにまで幅広く使えることのできる宝石です。世界各国で産出されるので手軽な価格で購入することができます。

サードニクスの歴史・由来



古代ローマの帝国時代から愛されているサードニクス。彫刻家や彫金職人たちにより多く使われてきた天然石です。サードニクスの美しさは古代ギリシャやローマの彫刻作品にも多く使われていました。古代ローマの人たちからは、サードニクスを身につけると勇気と力などパワーを与えてくれると信じられていました。サードニクスの名前はその赤褐色に白い縞模様が個性的な見た目からつけられたと言われています。ギリシャ語の「sard(サード)」=赤褐色と「onyx(オニキス)」=縞模様という言葉が組み合わさってつけられました。この意味を繋げた造語になります。「オニキス」はギリシャ語で「爪」を意味し、その縞模様を爪で引っ搔いた跡のように見えることからもつけられているとも言われています。サードニクスは名前からはオニキスに近いように思えますが、色合いや成分的にはカーネリアンに近い石となっています。和名は「赤縞瑪瑙(あかしまめのう)」や「紅縞瑪瑙(べにしまめのう)」と呼ばれています。

サードニクスの宝石言葉



幸せな結婚・夫婦円満・健康 など
サードニクスの赤と白は陰と陽の象徴を言われ、男性と女性を表す色とされています。赤と白の縞模様が美しく重なり合うことが「夫婦和合」を意味するとされ、「幸せな結婚」や「夫婦円満」など温かい家庭や愛を象徴する意味を持っています。また持ち主の邪悪な感情や厄を払いのける「魔除け」の意味も込められています。赤と白の調和はお互いの絆や生命力を深めてくれるとも言われており子宝のお守りとしても親しまれています。愛を象徴するほかに健康や長寿の意味も込められているサードニクス。家族の健康を守ってくれるとされています。

8月の誕生石「サードニクス」は幸福をもたらすパワーストーン


ひとつひとつの模様が異なるサードニクスは愛を象徴する天然石として古くから親しまれています。相性のいい天然石や宝石を組み合わせることでさらに運気をアップしてくれるとも言われています。また愛や夫婦などの絆を深めてくれると言われているので家族のお守りジュエリーとしてもおすすめです。

サードニクスと相性のいい宝石と合わせて運気アップ?!



相性のいい天然石や宝石を組み合わせるとさらに運気をアップさせてくれる。ここではおすすめな組み合わせをご紹介します。

サードニクス × ペリドット
おすすめなのが同じ8月の誕生石のペリドット。美しくさわやかな黄緑色のペリドットも愛を象徴する宝石です。夫婦の絆を深めたい人におすすめの組み合わせです。夫婦のお守りとして、8月が誕生月の人へ相性のいい組み合わせとなるでしょう。

サードニクス × カーネリアン
サードニクスの縞模様とカーネリアンの鮮やかな色合いの組み合わせは、情熱的でエネルギッシュな印象となります。新しいことを始めるとき、自分自身をもっと前向きな気持ちにしたいときにサポートをしてくれるでしょう。新しい生活が始まる人や受験勉強に励む人へのプレゼントにいかがでしょうか。

サードニクスは恋愛運や結婚運など絆を深めてくれる?!



古くから恋愛の守護石と言われているサードニクス。鮮やかな縞模様は情熱的な愛や絆の象徴とされています。身につける事で自分に自信を持つことができ、恋愛にも前向きになれるでしょう。そして新しい素敵な出会いが舞い込んでくるかもしれません。また、結婚に関する運気にも効果があるとされています。そして夫婦仲の調和を、平和に保ってくれるとされています。夫婦間のトラブルも解消してくれて、さらに家族の仲を深めてくれるでしょう。家族や恋人との絆はもちろん、職場での絆も深めてくれるとも言われています。

8月の誕生石「サードニクス」のお手入れや取り扱い方法


サードニクスを美しく保つために日々のお手入れが必要です。魅力的な見た目を維持するために、その宝石の特性を知り、正しい方法でお手入れをし保管をしましょう。

使用後は柔らかい布で優しく拭き取る



基本的に使用後は、汚れや皮脂などが付着している可能性があるので柔らかい布でふき取ります。汚れが目立つ場合は、ぬるま湯に中性洗剤を少量混ぜて優しく洗浄します。そのあと十分に水で洗い流し、乾いた布で水分をとってください。サードニクスは水分を吸収しやすいので浸け置きはせず、すぐに水分をふき取ります。

直射日光が当たらない場所で保管する



サードニクスは紫外線に弱い性質があります。そのため長時間直射日光に当たっていると色あせてしまう可能性があります。保管するときには、直射日光に当たらない場所、そして湿度の低い場所で保管をしましょう。ジュエリーボックスや布袋などにいれて他の宝石と触れないようにすると傷や汚れを防ぐことができます。

〈8月の誕生石〉③スピネルとは


2021年12月に8月の誕生石として追加された「スピネル」。実はカラーバリエーションが豊かな宝石です。色によって様々な意味が込められているスピネル。屈折率が高く透明度も高いため、美しく輝きます。その美しさは古くから王族たちに愛されてきました。ここでは、スピネルの魅力などについて詳しく説明していきます。

スピネルの魅力や特徴



スピネルはマグネシウムとアルミニウムからなる酸化物鉱物の仲間です。有名なのは赤色のスピネルですが、実はピンクやブルーなどカラーバリエーションが豊富です。透明度が高く屈折率も高いため、カットし研磨することによって美しい輝きを楽しむことができます。硬度が高く耐久性もあり、内包物も少ないため古くから様々な人からジュエリーとして愛されてきました。

スピネルの歴史・由来



その美しさゆえ古くから愛されてきたスピネル。多く採掘されるようになったのは古代からです。18世紀頃までは、ルビーやサファイアの鉱物「コランダム」と区別がつかず同じものとされてきました。レッドスピネルはルビーが採掘されるミャンマーで多く採掘されるため長年ルビーと勘違いされていたと言われています。東南アジアの鉱山では、大きなスピネルが発掘されると王族や貴族に献上されていました。レッドスピネルはルビーであると信じられており、イギリス王室の王冠やエリザベス女王のネックレスなど、数々のロイヤルジュエリーにスピネルが使われてきました。16〜19世紀頃に、物質の成分の解析技術が進み、科学者などからルビーではなくスピネルであることがわかり認知されてきました。ルビーでなくスピネルとわかった後でもイギリス王室の「黒太子のルビー」、エリザベス女王のネックレス「ティムール・ルビー」のように「ルビー」の名称が使われ続けて、ルビーと同じ価値があるものとして大切にされてきました。

スピネルの名前の由来
スピネルの名前の由来は、ラテン語で「小さな棘」を意味する「spinel(スピネッラ)」です。産出されたときに尖ったクリスタルの結晶であることからこの名がつけられました。 和名は「尖晶石(せんしょうせき)」。こちらも結晶の形にちなんだ名前となっています。

スピネルの宝石言葉



情熱・成功・勝利 など
スピネルには全体的にポジティブな意味の宝石言葉が込められています。気持ちを整え落ち着いた精神を作り上げるサポートをしてくれるスピネルは心理的な負荷をしずめてくれる効果があるでしょう。挑戦や目標達成という意味も込められているスピネル。エネルギーを活性化させて夢や目標達成へのサポートをしてくれるでしょう。やる気をさらに引き出してモチベーションアップの手助けもしてくれるかも。また、「勝利を呼び込む石」とも言われています。身につけることで優れた判断力やエネルギーを呼び込んでくれて成功や勝利をもたらしてくれるでしょう。また思考力を高めてくれる効果もあるとされています。

8月の誕生石「スピネル」はカラーバリエーションが豊富な宝石


赤やピンク、ブルーなど多彩な色を持っているスピネルは、ネックレスやリングなど、コーディネートにも取り入れやすい宝石です。色によって様々な効果を持っているスピネルについて、一部のカラーを詳しくご紹介していきます。

レッドスピネル



宝石言葉:好奇心・情熱・活力 など
古くはルビーと間違われてきたレッドスピネル。透明度が高く美しいレッドスピネルは、ルビーに劣らない存在価値があり昔から人気があります。レッドスピネルの中でもやや朱色のようなジューシーな赤色は「ストロベリー・レッド」と表現されることもあります。ルビーよりも低価格ですが、美しい赤色をもったスピネルはルビーよりも希少価値が高くなります。情熱的な赤色のレッドスピネルは、自信が欲しい人やポジティブな気持ちになりたい人におすすめの宝石です。

ブルースピネル/コバルトスピネル



宝石言葉:
ブルースピネル:審美眼・美的意識など。その美しさに見合う内面の輝きを意味します。
コバルトスピネル:成功・カリスマ性など。コバルトカラーの稀少性からその意味がつけられました。カリスマ性を引き出し、成功へと導いてくれるでしょう。
青色のスピネルは他のカラーのスピネルと比べると希少価値の高い宝石とされています。青色には鉄とコバルトが含まれています。その成分量の違いによって分類されます。

ブルースピネル鉄が多く、コバルトが少ない  グレーやグリーンがかった落ち着いた印象の色味のブルー
コバルトスピネル 鉄が少なく、コバルトが多い  明るく鮮やかなブルー

また昔、成分解析が詳しくされていなかった頃には、ブルースピネルはサファイアと間違えて扱われていたという過去もあります。その美しい青色は、精神面をサポートしてくれて、仕事や日常生活でポジティブな気持ちを後押ししてくれるでしょう。

ピンクスピネル



宝石言葉:ポジティブ・自己達成 など
レッドスピネルよりも淡い色味のピンクスピネル。パステルカラーから鮮やかで濃いめのネオンカラーまでピンクだけでも沢山の色があります。特に濃いピンクのスピネルは、レッドスピネル状の希少価値を持つこともあるとか。夢の実現をサポートしてくれるとも言われており、身につけると才能や力を引き出してくれます。物事に対してやる気も引き出してくれてモチベーションアップのために背中を押してくれるでしょう。愛らしいそのカラーは、見ているだけで幸せになれそうです。また、ピンクスピネルは、「恋人探しの石」とも言われており、恋愛面でもサポートをしてくれるとも言われています。日常にもっと幸せを呼び込みたい人におすすめの宝石です。

グリーンスピネル



宝石言葉:希望・愛情・幸福 など
自然の色のグリーンは、持ち主の気持ちを明るくしてくれて癒しを与えてくれます。鮮やかな緑のグリーンは愛と思いやりを育んでくれるかも。人間関係を良好にしたい人、心身ともに余裕が欲しい人におすすめの宝石です。

ブラックスピネル



宝石言葉:果敢・破邪・突破 など
透明感はないですが、漆黒で美しい光沢感のブラックスピネルは、細かくカット加工されることで光を反射し美しく輝きます。その美しさはブラックダイヤモンドのような魅力を持っています。強い意志を象徴するその黒色のスピネルは、魔除けやお守りとしても人気の宝石です。また、身につけることで安全面に対しても力を持っているので、旅行のお守りとしてもおすすめです。宝石を身につけるのは女性のイメージが強いですが、ブラックスピネルは、男性にも人気があります。

8月の誕生石「スピネル」のお手入れや取り扱い方法


スピネルを美しく保つために日々のお手入れが必要です。魅力的な見た目を維持するために、その宝石の特性を知り、正しい方法でお手入れをし保管をしましょう。

汚れは柔らかい布で優しく拭き取る



普段のお手入れは、柔らかい布で優しく汚れをふき取ります。汚れや皮脂などがついてくもりが気になるようでしたらぬるま湯に中性洗剤を溶かし柔らかいブラシなどで優しくこすり汚れを落としましょう水でしっかりと洗剤を落とし、水気をふき取って乾燥させて保管してください。

ダイヤモンドやルビーに次ぐ硬さ



スピネルのモース硬度は8です。ダイヤモンドやルビー、サファイアの次に硬い宝石となっています。硬度が高いため他の宝石を傷つけやすいため、保管する際は他の宝石と触れ合わないように気を付けましょう。

まとめ


8月の誕生石についてご紹介してきました。自分の生まれつきの誕生石でなくても引き寄せられる何かがあったり、見た時に魅力を感じられる宝石を選ぶといいでしょう。宝石の持つ石言葉や込められた意味が自分にとって必要と感じられるものであれば身につけてみてはいかがでしょうか。
 

ESTELLE(エステール)直営の公式オンラインストアです。