Loading...
PINKY RING -小指につけるラッキーチャーム-
BLOOM 2021.11.24

ピンキーリングの意味は?右手と左手の違い、選び方のポイントをご紹介



ピンキーリングは手元を彩るさり気ないジュエリーとして人気のジュエリー。普段指輪を着けない方でも、挑戦しやすいアイテムです。この記事では、ピンキーリングの意味、サイズやデザインなどの選び方をわかりやすく解説します。さらにブルームのおすすめのピンキーリングを紹介します。

ピンキーリングを身に着ける意味

薬指よりも気軽に身に着けやすいピンキーリング。ファッションアイテムとしてはもちろん、恋のチャンスをつかむお守りとして選ぶ人も。実は同じ小指でも、右手と左手では意味が少しずつ異なります。願いを込めてピンキーリングを身に着けるなら、左右それぞれの意味を理解しておくと良いでしょう。まずは、ピンキーリングに込められた意味についてご紹介します。

チャンスと秘密を象徴する小指

ピンキーリングはそもそも英語の「Pinky Ring」のこと。「Pinky」には小指の意味があり、小指に着けるために作られた指輪を表します。

海外では小指はチャンスの象徴です。このことが、ピンキーリングを幸運のアイテムとして選ぶ理由になっているようです。

ピンキーリングを右手に着ける意味

右手の小指は表現力を高め、自分の魅力をアピールするとされる指。そのため、右手にピンキーリングを着けると、自信がついたり能力が引き出されたりという願いを込められます。新学期や新生活に向けて好感度をアップさせたい時や、仕事のプロジェクトを成功させたい時などに、お守り代わりに身に着けるのがおすすめです。
また相手への想いをより強く、確かなものにできるという言い伝えもあるため、片思い中の方にもおすすめです。

ピンキーリングを左手に着ける意味

左手の小指はチャンスを引き寄せ、願いを叶えるとされる指。数少ないチャンスを手に入れたい時には、左手にピンキーリングを着けると良いでしょう。他にも、人との絆を深めて信頼関係を結ぶという意味もあるので、恋人や職場などの人間関係をさらに確かなものにしたい人におすすめです。
また「幸せは右の小指から入って左の小指から逃げる」という言い伝えもあります。今の幸せを守りたいなら、左手に着けておくのも良いかもしれません。

ピンキーリングの選び方

ピンキーリングを着ける小指は手のいちばん外側。そのため、ピンキーリングは魅力をさり気なくアピールするのに役立ちます。そこで、しなやかで華やかな指先を演出できるピンキーリングの選び方をお伝えしましょう。

サイズの選び方
小指に着けることが前提のピンキーリングは、一般的な指輪よりやや小さめです。平均的には、5号前後と言われています。

手の中でいちばん小さな指に着ける指輪ですから、抜け落ちやすく、紛失しても気づきにくいという心配があります。そのため、ピンキーリングはできるだけジャストサイズを選ぶのがポイントです。
ただし、むくみやすい体質の人は多少余裕のあるサイズにしておきましょう。
夕方に測っていただき、小さめのサイズをお選びいただくのがおすすめです。

デザインの選び方
ピンキーリングのデザインは、他の指輪との相性を考慮して選ぶのがおすすめ。デザインを合わせるとすっきりとした印象に、あえて異なるタイプを選ぶと個性的に映ります。また、となり合わせの指ですと指輪同士がぶつかったり摩擦が起こったりしますので、ご注意ください。

デイリーユースとして考えているなら、シンプルなデザインを。オン・オフにかかわらず、どんなコーディネートにも合わせやすいのでおすすめです。

また、右手に着けるピンキーリングを探しているなら、誕生石の付いたデザインも良いでしょう。運気アップに役立つと言われています。

素材の選び方
指輪のイメージを大きく左右するとされるのが素材です。ピンキーリングを選ぶ時にも、自分の理想とする指先にぴったりの素材を選ぶようにしましょう。

光を受けて明るく輝くイエローゴールドなら、華やかでエレガントな印象になります。ピンクゴールドは愛らしくフェミニンさを演出するのにぴったりです。洗練されたクールな手元なら、オフィスコーデにも最適なホワイトゴールドがおすすめ。最高級の貴金属として知られるプラチナを選ぶと、上品でエレガントな印象を与えます。
異なる素材のピンキーリングを重ね着けるのも個性的でおすすめです。
 

ESTELLE(エステール)直営の公式オンラインストアです。