Loading...
ネックレスチェーンにはどんな種類があるの?デザインや長さをご紹介
BLOOM  2023.09.19




ネックレスチェーンには
どんな種類があるの?




みなさんのお気に入りのネックレスのチェーンの種類、知っていますか?
ネックレスはハートや馬蹄などペンダントモチーフがメインですが、チェーンにも注目してみてください。
チェーンには、太さや細さ、きらめき具合が違ったりと様々な種類のものがあります。また、お気に入りでつけていたけど切れてしまった…という方も多いのではないでしょうか。永く使うためにできれば切れにくい長持ちするチェーンのネックレスを選びたいですよね。

チェーンは、形状によって強度が異なったり、素材や長さによって印象も変わってきます。この記事ではご自身にあったネックレスチェーンを選ぶときのポイントをまとめています。

以下で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください。



よく見るネックレスチェーンの種類


ネックレスチェーンには色々な種類があり、それぞれ特徴をもっています。
これからネックレスを選ぶ際に、まずチェーンにはどんな種類があるのか、代表的なチェーンの名称と特徴をご紹介します。


アズキチェーン



アズキチェーン

ネックレスチェーンで定番のチェーンです。一度は見たことがあるのではないでしょうか。コマを90度にひねり、交互につなぎ合わさっている作りになっています。連なっているコマが楕円形で小豆のような形から「アズキチェーン」と呼ばれています。小豆型の他に丸やハートなど色々な形があり、線の細いタイプから太いタイプまで幅広い種類で展開されているので様々なネックレスで使われることが多いです。控え目なデザインなのでネックレストップを引き立ててくれる名脇役!

喜平チェーン(キヘイチェーン)



キヘイチェーン

喜平チェーンもアズキチェーンと同じくよく見かける種類になります。コマひとつひとつにひねりが加えられておりすべての輪っかが正面を向いています。アズキチェーンと比べるとぎゅっと目が詰まっているので密度が高いように見え、細めでもエレガントな雰囲気を出してくれます。太さによって色々な印象を与えてくれるので、単体でつけたり、ネックレストップをつけたり、チェーンそのものの存在感も楽しむことができます。

ボールチェーン



ボールチェーン

ボールのような金属製の玉が連なったボールチェーン。繋ぎ合わさった丸い玉が体の動きに合わせて揺れ、光を反射しキラキラと輝きます。丸みのある可愛らしいデザインで柔らかく優しい雰囲気に。カジュアルなコーデにもピッタリです。丸い粒がカットされ面が増えたものはキラキラ感が増し、少し太めのものは1本でも存在感のある輝きを放ちます。ボールチェーンは溶接でつながっているものではなく、玉と玉を短い棒で接合した造りになっています。そのため、アズキチェーンや喜平チェーンと比べると強度はさほど強くはありません。

ベネチアンチェーン



ベネチアンチェーン

四角い金具がアズキチェーンのように連なっているベネチアンチェーン。パーツが縦と横に交互に組み合わさり密度が高いため強度が強くなっているのが特徴です。光が当たる面が大きいためキラキラと輝き、ツヤ感も楽しめて高級感があります。直線的でなめらかなフォルムが美しいベネチアンチェーンは上品な輝きが魅力的。プラチナやゴールドなど高価な素材で作られているものが多いです。チェーンだけでつけても楽しめ、ペンダントトップと合わせてさらに高級感を出すこともできます。高級なペンダントに使われることが多く、一粒ダイヤとの相性は抜群です。

スネークチェーン




スネークチェーンは名前の通り、ヘビのようなつるんとした質感でしなやかさが特徴のチェーンです。隙間がなく目が詰まっており、ボリューム感があるためチェーンのみでも首元を華やかにしてくれます。シンプルにさらっと1本でつけたり、チョーカーとして使用したり、重ね付けでつけるのもおすすめ。日常的にも使いやすいチェーンとなっています。輝きよりもツヤ感があるので、つけたときにさらに素肌を綺麗に引き立ててくれます。

ペタルチェーン



ペタルチェーン

「花びら」を意味するペタルチェーンは、チェーンのひとこまの中央をつぶして面を造り、光を反射させるデザインとなっています。面に光が集まりキラキラと輝き、繊細で上品な雰囲気を出してくれます。デザイン性が高く存在感がありますが、ペンダントトップをつけても違和感なくつけられるので色々な使い方ができるチェーンです。繊細な煌めきを纏ったペタルチェーンは、ブレスレットやチェーンリングなどで幅広く展開されています。

スクリューチェーン



スクリューチェーン

らせん状のひねりが加えられたスクリューチェーンは、光を反射する部分が多いためキラキラと輝きます。チェーンが揺れるたびに輝くので存在感もあり、チェーンのみでも首元を華やかにしてくれます。上品で繊細な煌めきを放つスクリューチェーンは、1本でつけたり重ね付けにもおすすめ。少し大きめなペンダントトップをつければカジュアルなコーディネートにも大活躍。その日の気分で色々なアレンジをお楽しみいただけます。

ネックレスチェーンを
選ぶときのポイント


定番のネックレスチェーンの種類をご紹介しました。では次に、何をポイントにして選んだらいいかまとめましたので参考にしてみてください。


〇チェーンの長さで選ぶ


体型や体格によって長さの見え方が異なってきますのであくまで目安としてご参考にしていただければと思います。



30-40cm
- チョーカー -



チョーカー

「首をしめる」という意味の「choke(チョーク)」が語源になっているチョーカー。首のラインにぴたりと沿う長さのチェーンです。タイトな長さで若々しく華やかな雰囲気に。カジュアルなスタイルからフォーマルシーンまで活用できます。もしペンダントトップをつけるなら小さめがおすすめです。長めのチェーンとの重ね付けでオシャレ度アップ!

40-45cm
- プリンセス -



プリンセス

レディースネックレスの標準的な長さである「プリンセス」は鎖骨あたりの長さで首のラインを綺麗にみせてくれます。お姫様がドレスに合わせてつけているような長さが由来となり「プリンセス」という呼び名になったとか。首元に自然に沿う長さで顔周りを明るく魅せてくれます。フォーマルからオフィスシーンまでシーンを選ばず使える万能な長さ。肌の上や服の上でもコーディネートしやすいので迷ったときにオススメです。

50-60cm
- マチネ -



マチネ

フランス語で「朝・午前」を意味する「マチネ」。ミュージカルやバレエ、演劇など昼の社交界で女性がつけていた長さが由来ともいわれており上品な雰囲気にしてくれます。シンプルなワンピースやタートルネック、シャツに合わせても素敵です。ペンダントトップをつけると胸元近くになるので、少し大きめのトップをつけるのがおすすめ。首周りをすっきり魅せてくれて上品な雰囲気にしてくれるので、幅広いコーディネートが楽しめます。

70-90cm
- オペラ -



オペラ

昼の「マチネ」に対して、夜公演の「オペラ」。夜の華やかなパーティーシーンに適したボリューム感のあるネックレスが由来といわれています。ロングネックレスと呼ばれ、頭からかぶってつけられる長さになります。2連にもできる長さで、華奢なチェーンやパールなどのデザインのものだと色々なシーンで活用することができます。ペンダントトップはみぞおちの下部分にくるので少し大きめのトップがおすすめ。縦のラインが強調され全身をスッキリと魅せてくれる効果もあり、カジュアルなスタイルにも活用されます。

100cm以上
- ロープ -



ネックレスの中で一番長いサイズのネックレスです。2連や3連にしたり、ネックレス自体を下の方で結んだりと色々アレンジすることができる長さです。コーディネートの中でネックレスの存在感が際立つのでシンプルなスタイルにおすすめ。オペラよりも長いので体の縦のラインが協調され上半身をスマートに魅せてくれます。

〇チェーンの素材で選ぶ


ネックレスを選ぶとき長さや太さも大切ですが、素材選びも重要です。
お好みの色味で選んだり、ご自身の肌色にあうものを選んだり…。
金属アレルギーが心配ならステンレス…等ご自身にあったものを選べるといいですね。


プラチナ



ブライダルでおなじみのプラチナ素材は、別名「白金」と呼ばれることもあるように、白い輝きが特徴的。 希少性が高く、変色や錆ができにくい素材です。破損しにくく、酸化にも強く宝石の輝きを引き立ててくれます。身につけていて変色しにくいため、永く愛用していただけます。

シルバー



ジュエリーによく利用されているシルバー素材。他の金属に比べて加工がしやすいので、デザインの豊富さが特徴で、白っぽく明るい輝きが魅力的。独特の光沢ですが、肌馴染みがよくクールな印象を与えてくれます。 またゴールド、プラチナに比べ値段もお手頃なので購入しやすいのも魅力のひとつ。注意点として、使い込むと黒ずみが発生しやすく定期的派お手入れが必須となります。特に汗をかきやすいサマーシーズンはお手入れを怠らないように気をつけましょう。

ステンレス



金属アレルギーの方におすすめの素材ステンレス。ステンレス(サージカルステンレス)は、"サージカル"="医療用の"、"ステンレススティール"="錆びない鉄" から作られた造語で、 金属アレルギーを起こしにくく、お肌に優しい人気の素材です。
値段も比較的安く、汗や水、熱などにも強いため錆びたり変色したりしにくい特徴もあり近年人気となっています。 デザインはシンプルなものが多く男女問わずつけやすいです。

〇首のタイプ・顔のかたちで選ぶ


首のタイプや顔のかたち別に似合うネックレスが変わってきます。
それぞれの良さや個性を引き出せるネックレスがありますのでネックレス選びに悩んだときのいち参考にしてみてください。



首が太くて短い



こちらのタイプさんは少し長めのネックレスチェーンがおすすめです。マチネやオペラの長さのネックレスをつけるとバランス良く。胸元にかけてVラインをつくると首元をスッキリと見せてくれます。プリセンスタイプを使うときはシンプルなデザインでV字ラインを意識したアイテムを選ぶと綺麗につけられます。

首が太くて長い



太いチェーンや大ぶりなペンダントトップで華やかに飾ったり、ロングチェーンもつけこなせます♪華奢なタイプよりしっかりとした存在感のあるデザインのものが◎。

首が細くて短い



首の短さは、V字デザインのものを意識して選ぶと首元がシャープに見えます。長めのネックレスチェーンで、繊細な細いタイプのネックレスの重ね付けでボリューム感を出し、上品な雰囲気を演出できます。

首が細くて長い



長さのあるネックレスをつけると縦のラインが協調されるので短めのネックレスチェーンがおすすめ。このタイプの方は華奢なイメージなのでボリューム感のあるアイテムを選ぶと全体的なバランスがとれやすいです。

丸顔の方



フェイスラインがふっくらしている可愛らしい印象の丸顔さん。縦のラインを強調して首元をスッキリと見せてくれる少し長めのネックレスチェーンがおすすめです。V字やY字のシンプルで華奢なデザインはお顔周りから視線をそらし、縦ラインを意識してみて。

面長顔の方



縦長のフェイスラインを中和させるために首周りにボリュームが出るようなデザインがおすすめ。チョーカーやプリンセスの短めのネックレスで横のラインをプラスすると柔らかい印象になります。逆三角形さんも横のラインを強調させるとフェイスラインがカバーされます。

ベース顔の方



お顔周りがはっきりとしているベース顔さん。マチネやオペラなどの少し長めのネックレスチェーンがおすすめです。眺めのネックレスで縦ラインを意識し、フェイスラインの骨格感を和らげ優しい印象にしてくれます。

切れにくいチェーンを選ぶポイント


切れやすいチェーンはどんなものをイメージしますか?大体は「細いと切れやすい」「太いから丈夫そう」と太さで見ている方が多いかと思います。細くても案外丈夫だったり太くても切れやすかったりとデザインや素材によっても変わってきます。今回大まかなポイントとして2つあげてみました。選ぶ際の目安として見て頂ければ幸いです。


線が太い、凹凸が少ないデザインを選ぶ



切れにくいネックレスチェーンを選ぶときに注目したいのがチェーンの輪っかの切れ目です。輪っかに切れ目があると使っていくうちに広がって外れやすくなってきます。そのため輪っかの切れ目ひとつずつにろう付けされており凹凸が少ない「あずきチェーン」「喜平チェーン」「ベネチアンチェーン」は切れにくいとされています。
太いものは強度が強くなるのですが、種類によって強度の違いが出てきます。どんなに太くてもネックレスチェーンの可動域が狭いものは切れやすいです。「ボールチェーン」「スネークチェーン」は、構造上溶接やろう付けができないため強度が維持できないものとなっています。1ミリ未満の幅のネックレスチェーンは細く華奢なので強度は期待されません。

金製やプラチナ製がおすすめ



切れにくいチェーンは素材にも注目してみましょう。地金にもそれぞれ特徴があります。プラチナは柔らかいですが、粘度が高いため切れにくい素材になります。逆にシルバーは粘度が低いため切れやすい。金製は柔らかいですが、強度があるため切れにくいです。ただ18金より10金の方が硬く変形せず伸びにくいので切れやすいです。
プラチナで伸びるからといっても華奢なデザインのものは切れやすいので取り扱いには注意が必要です。

BLOOM 人気のネックレスTOP3


どのようなネックレスを買うか迷っている方は、BLOOMの人気ダイヤモンドネックレスを是非参考にしてみてください。
※2023/9/8時点の人気商品を紹介しております。

ネックレス人気 No.1



―11月誕生石 K10 イエローゴールド ホワイトトパーズ 馬蹄 ネックレス―
今年発売したばかりの馬蹄のネックレス。こちらの華奢なデザインであずきチェーンになります。トパーズが7石輝きコーディネートのポイントに。馬蹄モチーフは舞い込んできた幸運を受け止め、幸せをもたらしてくれるといわれ長年人気のモチーフとなっています。

ネックレス人気 No.2



―【WEB限定】【Best Price】K10 ピンクゴールド ダイヤモンド フラワー ネックレス―
プレゼントにも人気のフラワーモチーフのネックレス。こちらはあずきチェーンのネックレス。肌馴染みのいいピンクゴールドでキラリと輝くダイヤモンドがポイントです。デコルテラインでダイヤモンドがさりげなく輝くので、優しげな雰囲気と女性らしい魅力を引き立ててくれそうです。
どんなコーディネートにも合わせやすいシンプルなデザインなので、ご自分へのご褒美や大切な方への贈り物におすすめです。

ネックレス人気 No.3



―K10 ホワイトゴールド キュービックジルコニア ネックレス(Shine Blue )―
人気のロンデルシリーズより、コロンとしたフォルムが可愛らしいネックレス。どこから見てもキラキラと輝く、ブルーのグラデーションカラーが着けているだけで楽しくなります。雫を連想させるみずみずしい色合いが透明感あふれる印象に。爽やかなブルーがコーデを格上げしてくれます。

まとめ


ネックレスチェーンの種類や特徴を知ると今までとネックレスの見え方が変わってきます。普段使っているネックレスのチェーンを替えてみたり重ね付けしてみたり、今まで以上に色々なアレンジができるかと思います。気分や服に合わせてネックレスチェーンを変えてコーディネートするのも楽しいですね。
 

ESTELLE(エステール)直営の公式オンラインストアです。