新規会員登録でプレゼント!!

HOME >特集一覧 >オンラインストア特集一覧 >金属アレルギーを知ってアクセサリーを楽しもう

金属アレルギーを知ってアクセサリーを楽しもう

夏こそ要注意! 金属アレルギーを知ってアクセサリーを楽しもう

トップイメージ
トップイメージ

肌の露出が増える夏は、アクセサリーを特に楽しめる季節。一方で、汗を書きやすいこの季節は「金属アレルギー」のお悩みが増えるタイミングでもあります。肌が赤くなったり、かゆみを感じたりするアレルギーは、女性にとってはなんとしても避けたいもの。
金属アレルギーを気にせず、思い切りファッションを楽しむために、原因と対策についてご紹介します。

金属アレルギーは治らない!? その原因は?

イメージ1
トップイメージ

金属アレルギーは、金属の成分が汗などの水分に溶け出し、肌のタンパク質と化学反応を起こすことで発症します。アレルギーを発症するまでの期間は人によって異なり、数日で症状が確認できる人もいれば、数年かかって発症する人もいます。
また、原因となる金属はアクセサリー以外にも日常生活に溢れていて、歯の治療に使われる金属やメガネのフレームなどが発症の要因になることも。

残念なことに金属アレルギーは一度発症してしまうと完全に治ることはないと言われています。そのため、早めの予防や上手な付き合い方を知ることが重要です。

アクセサリーを身につけるときは"汗"に気をつけて!

イメージ2
トップイメージ

運動の前など、汗を大量にかきそうなときには、事前にアクセサリーを外しておきましょう。
また、アクセサリーは常に清潔に保つことが大切です。長時間身につけるアクセサリーや時計は、汗や垢などのタンパク質がたまりやすいので、外したときに柔らかい布で拭き取るようにしましょう。

そして、特に気をつけたいのがピアス。
必ずピアスホールが完成してから金属製のアクセサリーを楽しむようにしましょう。さらに、耳たぶに対してピアスポストが短いものを着用していると、圧迫されてアレルギーを引き起こしやすくなります。

金属アレルギーでも、アクセサリーを諦めないで!

イメージ3
トップイメージ

症状に気付いたら、皮膚科で原因となる金属を特定するパッチテストを受けましょう。アレルギーを発症してしまう金属素材は人によって違うので、自分のアレルゲン金属が含まれていないアクセサリーを選べばアレルギー症状は出ません。
(ニッケル、アルミニウム、コバルト、スズ、パラジウム、マンガン、インジウム、イリジウム、重クロム、クロム、金、銀、銅、白金、亜鉛、鉄といった16種類をチェックすることができます。※皮膚科によって異なります)

BLOOM ONLINE STOREでも肌に優しいとされるチタン、ステンレスといった素材を使用したアクセサリーを取り揃えています。
毎日身に着けたい、あなたに合ったアクセサリーを探して、思い切りファッションを楽しみましょう!


おすすめ商品一覧

  • アイテム数118点 [1/2]

  • next
TOPへ